マッシーパパの遠吠え

インターネット情報を丹念に読み取り、ニュースの裏に潜む真実を綴るあなたのためのブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国会で”KYカップル”と呼ばれた鳩山首相夫妻。ホンとはもっと深刻なバカップル!?

23日、自民党の山本一太氏が、「韓国の人気俳優、イ・ソジン氏を首相公邸に招き、幸(みゆき)夫人(66歳)が手料理を振る舞ったことについてお聞きしたい」と参院国会で取り上げた。

先ずはその質疑応答をごらんいただきたい。

続きを読む前に、一押しよろしく m(_ _)m




一太:「これは日韓親善の目的からなのか、それとも単なる個人的趣味なのか」

首相:「妻の自主性に任せている。これ以上のことは分からない」

一太:「多くの人が苦しんでいるこの時期に公邸でこのように派手に振る舞い、報道されるのは、首相がお母様から12億円の子供手当てを貰って、知らなかったと答えるのと同様、庶民感覚がずれている。総理官邸の”KYカップル”といわれても仕方ないと思います」

首相:「(首をかしげて)・・・」(http://news.livedoor.com/article/detail/4674843/)。

いや~、驚きました!先だっては幸夫人のわがままから前代未聞の公邸補修の浪費が明らかになったばかりというのに、今度は「韓流オタク」が明らかに。

なるほど、一太議員が心配するように、ここまで来れば、もはやファーストレディと言うより、ただのミーハー族のバカ女(じょ)ぶり。

しかも、この女史の韓流かぶれは病的、若い男性スターなら誰でも良いというはまり方。

因みにどれだけ、バカっぷりか調べてみました。

まず、首相が就任前の昨年6月に李明博大統領と会談した際にも、幸さんがイ・ビョンホンやソン・スンホンのファンだったことを紹介したり(http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/stage/307429/)、

本人も、中央日報の単独インタビューに応じて、若さの秘訣(ひけつ)は、「韓国ドラマ」と答え好きな俳優としてイ・ビョンホンをあげている(http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/korea/336311/)。

かと思うと、ぺ・ヨンジュンが東京ドームで出版記念イベントを開催したら、開演前に貴賓室で念願の対面を果たし、10分ほど談笑したという(http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/stage/307701/)。

いや、こんな程度は序の口。件(くだん)のイ・ソジンと幸夫人との交流はなんと、首相夫人に決まった途端、

9月14日:総理就任を控えたKYカップルをイ・ソジンが表敬訪問。

11月27日: イ・ソジンが幸夫人の個人事務所を訪問。

11月28日:イ・ソジンの宿泊先のホテルでKYカップルが訪問、会食。

11月8日:都内の日本料理店でKYカップルとイ・ソジンが会食等々(wikipedia)、
ほぼ2ヶ月に1回の割で会う親密ぶり。

一説にはこのイソジン先生。 ウガイ薬の宣伝(?)ではなく、韓国民団広報大使としての顔とともに、韓国与党の橋渡しをしているとの噂もある。

なるほど、このところの、嫌に在日を優遇する民主の政策のオンパレードと、決して関係のない動きでもなさそう・・。

ともあれ、ここまで来ると、KYカップルというより、もはや、バカップル。

一国にこれほど入れあげるようでは少々危険。

だからか、一太先生も思い余って、国会で「鳩山殿奥方、乱心めさるな」と未曾有の諫言をしたのかも。

処で、マッシーパパは推理が好きなだけで、決して、男女の問題に詳しくはない。

だけんど、このバカップルはどこか変。ひょっとして、エエ年して、いつもことさらに人前で手をつないだりするところをみれば、案外仮面夫婦(?)。

何しろ、由紀夫氏は、弟の邦夫氏をして、「オレは昼間の蝶が好きだが、兄貴は“夜の蝶”専門」と言わせしめたほどの艶福家(えんぷくか)。

しかも、単身赴任中の北海道の選挙区に愛人を囲っていたことは、『週刊新潮』にも報じられていたこと。

ま~、そこらあたりは、詳しく報じている「たむたむ」こと田村重信氏のブログを参照して貰うとして(http://tamtam.livedoor.biz/archives/51170614.html)、

つまりは、その寂しさの反動が、韓流に狂う源なのかも。そして、この恥ずかしい写真をご覧になれば、マッシーパパの偏見も、あながち的外れでなかったりして!?(http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=123346&servcode=700§code=700)・・。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。ご批判ご賛同、なんでもいいですからコメントもいただければ幸いです。♪




スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

プロフィール

マッシーパパ

Author:マッシーパパ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。