マッシーパパの遠吠え

インターネット情報を丹念に読み取り、ニュースの裏に潜む真実を綴るあなたのためのブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「独身でなにが問題か」と居直る中井国家公安委員長! でも深夜に掃除をする愛人ではね!? 

3月25日発売の「週刊新潮」に、「生方の乱の後はハマグリの変!」「民主党、政治とカネの次は女」とスキャンダラスな見出しが踊る。

記事は、国家公安委員長の中井洽(ひろし)氏が深夜の路上で愛人とキッス、さらには別々に議員宿舎に消えたのだが、大臣から彼女にカードキーが渡されていたのは間違いなく、セキュリティの問題からも看過できないという。

つまり、日本の治安を統括する立場の大臣が素性の分からぬものに鍵を渡すなど論外。万一、多数の議員が住まう建物にテロ攻撃があれば取り返しがつかないと、責任の重さを追及しているのだ。

続きを読む前に、一押しよろしく m(_ _)m




尚、このスクープに驚いたのがトラブル続きの鳩山内閣。早速、平野官房長官が「騒がせたこと」に対し、大臣に厳重注意し、別途事情聴取したという・・。

が、なんと、大臣の「女性とは6年くらいのつきあいで、週に1回部屋の掃除に来てもらうためにカードキーを渡していた」との言い訳を聞き届け、「法に照らして、違法性はない」と判断したとか・・。

いや~、この党の倫理感覚はどうかしている。小沢、鳩山、石川、小林と相次ぐ「政治とカネ」、そして、今度は女の問題にも、誰一人、国民の信に答えようとするものはいない。

かって、政治の世界は「信なくば立たず」と言った総理経験者もいた。いわんや、議員宿舎に女を連れ込んで(記者の確認したところでは2週間に5回の密会)、「法に照らして、違法性はない」とのんきなことですむのか。

しかも、「掃除に来てもらうためにカードキーを渡していた」というに及んでは何をかいわんやである(入ろうと思えばいつでも誰でも自由に侵入できる)。

そういえば、同じ過ちを犯した、麻生政権の鴻池祥肇氏も「女はトイレで寝ていた」と言い訳していたが、そんなの通るわけはなく、結局責任とって、官房副長官を辞任している。

ならば、民主も、こんな理由で、「あい分かった」と無罪放免。いささか甘くはないですか、といいたい。

因みに言えば、中川(女)氏もその昔、愛人通いや右翼との会食などスキャンダルが報道され、就任3ヶ月で辞任に追い込まれたし(wikipedia)、

エロ拓こと山崎拓氏も2003年9月、女性スキャンダル発覚に伴って幹事長を解任され、副総裁に棚上げされている。

い~え、それどころか、女性スキャンダルを嫌う公明の浜四津女史によって、創価学会の支持を得られずに、同年11月の衆議院選では落選、21年間保持していた衆議院議員の席を失い、副総裁も辞職するハメにも(wikipedia)・・。

つまり、それほど政治の世界に女性問題は禁物のはず。

処が、民主は違う。モナと路チューをした細野豪志、不倫疑惑の横峯 良郎姫井由美子議員等々は全て、党としてのけじめはない。

だからか、67才にもなるれっきとした大臣まで、盛りのついたように「路チュー」など恥ずかしい行為をしてもヘッチャら。

というより、「独身」を理由に「なにが悪い」と居直る始末。

居直るなど、チャンチャラおかしい!・・。

この御仁、おデートの前には地震の発生を尻目に悠々と女性と映画を楽しんでいたというし、そもそもが、件の女性。「30歳年下の美人ホステス」というから、誰がまじめな交際を信じるだろうか?

それに、自殺した奥さんの原因も件(くだん)の週刊誌では「姑との折り合い」がというよりは、「夜な夜なホステス漁りをしていた中井議員のことを苦に・・」と言われる。

ならば、「独身」が免罪になるのかよ。ただのエロ爺じゃん!・・。

そして早々と、シロを宣した鳩山内閣はやっぱ、「国民感覚に照らして」異常、一歩一歩終末に近づいているのを感じないではいられない・・。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。ご批判ご賛同、なんでもいいですからコメントもいただければ幸いです。♪



スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

プロフィール

マッシーパパ

Author:マッシーパパ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。