マッシーパパの遠吠え

インターネット情報を丹念に読み取り、ニュースの裏に潜む真実を綴るあなたのためのブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「事業仕分け」と「バイキングで食べ損ねた客」の関係とは!?

「マッシーパパの遠吠え」はより多くの人に見てもらえるようランキング上位を目指しています。ぜひ、皆様の応援クリックをよろしくお願いします。♪




事業仕分け第二段の前半は47独立行政法人・151事業の内42事業が廃止(3500億円)、そして後半戦は70公益法人の82事業の内38事業が廃止(国費削減額40億円)、別に国庫返納額が最大で1400億円どまりで終了したようである(http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010052500973)。

なお、仕分けの様子は連日、TVワイドショーに取上げられたところで周知のとおりあるが、そのマスコミ評価は賛否こもごも。

そして、批判する意見のほとんどは、「参院選を意識した政治ショーである」、特に後半戦の「公益法人は民間で強制権はなく、仕分けの判定がどれだけ生かせるか不透明である」とするもの。

又、賛成する人のほとんどが、「天下りの実態や補助金のムダ使いが、国民の前に明らかにされただけでも大いにプラス。政権交代の意義がある」と言うのである。

なお、面白いのはこの賛成論に対し、ジャーナリストの大宅映子さんが今週発売の「週刊新潮」の記事に、

「2000円食べ放題のバイキングに行ったら食べる料理がなく、デブにならなくて良かったと言っているようなもの」と辛口コメントを寄せているのだ。

いや~、さすが親譲り(大宅壮一)の比喩の見事さ。マッシーパパも感服。

確かに、事業仕分けは自民党をして、「やられた」と臍をかませたぐらいのパフォーマンスとしては最高級のもの。

実際、これが再開された途端、下がり続けていた鳩山内閣の支持率に一定の歯止めがかかったと言われたほど、見せ場はおおきいのだ。

それだけに、やるほうも、勢いパフォーマンス効果を出すために恣意的になりやすいのか、矛盾やほころびが随所に見られだしたのである。

「週刊文春」の記事に、「事業仕分け追及/小沢幹事長「社団法人」をなぜ見逃すのか!?」にも書かれているのだが、宝くじ事業は天下りの役員が多いし、給与が高いと攻めるのだが、小沢親分が会長を務める(財)競走馬育成協会は仕分けをしない。

当然、国会議員が役員を兼務して、報酬を貰っているのだし、補助金も出ているだろうから問題にしないのがおかしいと指摘しているのである。

いや、もっとおかしいのは、宝くじの天下り役員の報酬が高いと責めている議員先生が年3429万の歳費を受けているのだ。自分達は仕分けをするほうだから貰って当然というのだろうが、国民から見れば50歩100歩。

先ず魁より始めないと何処の誰が、「恐れ入りました」と敬服する(?)。ほんと、笑っちゃいますよね。マッシーパパなど、委員会に呼ばれもしないのに押しかけて、当り屋をおっぱじめる代議士に3400万円も支給しているほうこそ、一番仕分けすべきだと思っているけど。

そして、もっと手の込んだ細工をしているのが、政権交代をシオに、支持政党を自民から民主に乗り換えたトラック協会の仕分け。

「スーパーモーニング」でも話題になって、「民主の票田の公益法人まで例外でない」と評価していたが、三反園氏が、「一見、そう見せて、その実は逆。もし、忠実に票を集められないとこうなりますよ」と脅しかもしれないのだって。

まさにその通り。政治にはどんな場合も裏がある。ましてや、自民党以上に自民の体質を受け継いでいる小沢民主ならなおさら。

だからこそ、マッシーパパはかねてより、政治家は「一生懸命やっている」では駄目。「政治は結果が勝負」だといっているのだ。

従って、事業仕訳も途中経過など無用。どれとどれがいくら削って、いくら削減できましたという結果を明確にしてくれれば十分。

むしろ、政治家は役者でないのだからパフォーマンスは不要。見えないところでこそ本領発揮すればそれが本物。見えるところでいくら大見得きっても結果がしょぼくては何にもならない。

ま、どちらかといえば、最近の堕落した政治家ほど、目立とうとTVに出ることを良しとして、パフォーマンスに明け暮れる。そして、見えないところでは悪いことを一杯やる。

そして、マスメメディアはそれを追及できないから、このようなパフォーマンスだけ追っかけて、ソン結果がどうなったかは皆目お留守になっている。

こういう悪循環が政治家の質を落とし、有権者の政治離れを惹起しているのだろうから、何よりも優先して仕訳をやらねばならないのは質の悪い政治家を国会から追い出すことでないだろうか・・。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。ご批判ご賛同、なんでもいいですからコメントもいただければ幸いです。♪

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

プロフィール

マッシーパパ

Author:マッシーパパ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。