マッシーパパの遠吠え

インターネット情報を丹念に読み取り、ニュースの裏に潜む真実を綴るあなたのためのブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主の地域主権改革後退に「ぶんけんぶんけん」と騒ぎまくったあの知事達は一体、どうしちまったのか!?

「マッシーパパの遠吠え」はより多くの人に見てもらえるようランキング上位を目指しています。ぜひ、皆様の応援クリックをよろしくお願いします。♪




22日、閣議決定された「地域主権改革の基本方針となる戦略大綱(地域主権大綱)」に、「朝日」社説が、『「政治主導」はどうした』と題し、

「国の出先機関の原則廃止の方針が盛り込まれたことは評価できるが、まだ抽象論の域を出ていない。特に、一括交付金化の内容が国が深く関与するものに変質、まるで官僚に振り付けされた、官僚のいいなりの”政治主導”を見せられているようだ」と嘆いている(http://www.asahi.com/paper/editorial20100625.html)。

一方、「毎日」は、「”一丁目一番地の改革”と位置づけた鳩山前内閣より後退している」と断じ、『地域主権改革 やはり「一丁目一番地」だ』と訴える。

そして、「なぜ必要かという論議を参院選の争点として国民に知らしめることこそ、改革の骨抜きを防ぐうえでも重要だ」と、知事、市長ら地方も大いに議論に加わってほしいと呼びかけているのだ(http://mainichi.jp/select/opinion/editorial/news/20100626k0000m070111000c.html)。

いや~、彼らの言うとおりである。衆院選であれほどマスコミが騒いだ、「地域主権」とは一体、なんだったのだろう。

とりわけ、東国原知事と橋下知事のほたえようは尋常でなく、マッシーパパなど、あまりにうるさいものだから、そのものずばりのタイトル、「世の中に知事ほどうるさきものはなし ぶんけんぶんけんと夜も眠れず!?(http://blog.goo.ne.jp/massypapa/e/1ebe6582348f550f1a77c1d0dc84ba2f)」と文句を言ったほど。

確かあの時は、マスコミも彼らを寵児ともてはやし、それだけに彼らも有頂天になっていたはず。

だからこそ、その人気を利用しようと小沢代表代行まで、わざわざ大阪に立ち寄り、ホテルで橋下知事と他地方分権改革について意見交換。

そして、「考え方がまったく一致した。地域のことは権限も財源も地方にお任せする」と小沢が言えば、橋下が「小沢一郎の貫禄は桁違いに大きい。国の仕組みを根本的に変える迫力を感じた」と答えたはず(http://www.youtube.com/watch?v=jDZXqC0-Pcc)。

それを皆さん、どうです!

彼、橋下知事は今度の「大綱」を「政治主導のエンジンがうまく働いた。大枠は道筋がついた。実務的な制度設計にあたっては、これからが大勝負」と一定の評価をしたという。

そして、なんと、 新たに会議の議長となった菅直人首相については「正式なリーダーシップを感じる」と持ち上げたというのです(http://www.sankei-kansai.com/2010/06/22/20100622-025270.php)。

もう、無茶苦茶、二枚舌もいいところ。

これではっきりと彼の根性がわかりましたよね。彼はもはや、地域改革などどうでもいいのです。

彼には今、格好の「大阪都」というおもちゃが見つかったのです。それに、どうしても、関空の借金べらしには、与党政権の手厚い支援が必要なのです。

それに、彼が始めた、「大阪都」を実現するための「維新の会」の所属議員を既成政党から奪うためにも、当面の敵、自民を粉砕しなければならない以上、ここは民主と仲良くしておくべきと、理想より現実を選択したのでしょう。

そして、今一人、本来なら、ここで必ず口出しするはずの「いっちょかみ」の東ズラ先生の音沙汰がない。

それもそのはず、彼は口蹄疫問題で目下手が離せない。その悔しさからか、せいぜい、「宮崎では選挙どころではない。参院選で人が動けば感染拡大する」と、持論の「テレビや新聞などで平等に討論すればいいのではないか」というのがせいぜいか(http://sankei.jp.msn.com/life/body/100616/bdy1006161320003-n1.htm)。

ともあれ、これがマスメディアの作ったカリスマ政治家の実態。持ち上げすぎたものだから、実力を過信。己の不徳にも気がつかず、間違ったメッセージを国民に与えるとという証左かも。

ほんと、これが日本の期待する政治家像かと思うと「・・・」ですよね!

最後までお付き合いいただきありがとうございました。ご批判ご賛同、なんでもいいですからコメントもいただければ幸いです。♪


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

プロフィール

マッシーパパ

Author:マッシーパパ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。