マッシーパパの遠吠え

インターネット情報を丹念に読み取り、ニュースの裏に潜む真実を綴るあなたのためのブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢のポチ、「日刊ゲンダイ」と上杉隆氏が性懲りもなく、岡田ジャパンを批判!?

「マッシーパパの遠吠え」はより多くの人に見てもらえるようランキング上位を目指しています。ぜひ、皆様の応援クリックをよろしくお願いします。♪




これって何なんですかね。日本中が気分よく感激に浸っているときに水を差すなんて。

それは7月1日の「ダイヤモンドオンライン」に投稿された上杉隆の「ワールドカップ敗退で歓喜している国に、
ベスト4など永遠に無理な話だ
」とする記事。そこには、

「PKの末にパラグアイに惜敗した」翌日のマスコミの「感動をありがとう」「勇気をもらいました」「日本代表にお礼を言いたい」等々の発言に、

「一般人ならまだしも、スポーツ報道を扱うメディアの人間にしては、またずいぶんと安上がりに感動するものである」と噛み付いているのだ。

そして、「メディアの人間であるならば、そしてサッカーを取材している者であるのならば敗戦の中から教訓を探し、未来につなげて行くべきだ」と、南米や欧州のサッカーの例を引く。

しかも、「敗退した日本代表と、ベスト8に残った上位国の代表のプレーにどのような違いがあるのかを分析。少なくとも相手国であったパラグアイの個々の選手が、なぜ足元、身体の近いところで長くボールをキープすることができるのか程度は、研究してほしいものだ(http://diamond.jp/articles/-/8609?page=3)」とえらそうに説教する。

いや、一体、何様のつもりだろ。自らも、「PK戦の末の惜敗」と認めているじゃん。ならば、「PK戦は時の運」が通り相場。どこにパラグアイに学べといえるのか。

それに何、「一般人ならともかくもサッカージャーナリストなら云々・・」とよく言えたものですね。

あなただって、一般人ならともかくも政治評論家の端くれ(失礼!)、ならばなぜ、民主党の、なかんずく、小沢の太鼓もちに徹して、彼らの過ちを正そうとしないのですか?

それって、あなたの批判する「ファンと一緒に感動している場合ではない。あなた方はそれでお金をもらっている。立場が違うのである」と同じじゃないのですか?

不思議ですね。無定見に民主や小沢を贔屓するとどうして、ものごとがまともに見えなくなるのでしょうかね・・。

そういえば、小沢ポチの日刊ゲンダイも同じ。ここの岡田監督嫌いも尋常でないですよね。いわく、

W杯のメンバーが発表されるや否や、『無能な岡田監督率いる日本代表はお先真っ暗…ピークの過ぎた中村俊輔の代役を用意せず W杯GL「3戦全敗」で再登板は史上初』と嫌味を一発(http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1273586516/)。

また、オランダ戦に敗れるや、『オランダ戦を「惜敗」と報じる日本のメディアの愚かさと無責任』と上杉流のメディア批判をする(http://news.biglobe.ne.jp/politics/878/gen_100624_8789040823.html)。

そして、パラグアイ敗戦には、待ってたばかりに、『日本代表PK敗退 初の8強進出ならず』と、韓国紙同様の海外の辛口コメントばかり掲載する。

おまけに、「日本の16強進出は運に恵まれていただけ。岡田監督の采配で勝ち抜いたとはいえない。ベスト4など世界レベルから冷静に判断すれば到底実現不可能」だと、岡田監督の「ベスト4」発言を皮肉くる(http://gendai.net/articles/view/sports/124887)。

そして、『日本代表はこれからどんどん弱くなりそう』と、岡田監督が試合後のインタビューで“日本サッカー界のことまで考えられない”と言った、揚げ足まで取る始末(http://news.livedoor.com/article/detail/4860236/)。

ま~、確かに、W杯の予選でもたついたころは、マッシーパパも岡田監督で大丈夫かと心配したこともあったが、彼は彼なりに、本番までにどうチームを作り上げるか?どう戦うべきかを模索していたと思う。

そして、世界に通用するスーパースターが不在で、かつ決め手にかける日本のウィークポイントの解消されぬ以上、

求めるものは「世界に負けないチームワークと90分動き回れる体力と不屈の精神を身につけること」と邁進したのに違いない。

だからこそ、世界の誰もが、チーム一体となった日本代表の活躍に驚いたのでないだろうか?

又、そのことは凱旋の記者会見でのメンバーと監督の和気藹々の会話を聞いてもよくわかることである。

まさに、「勇将の下に弱卒なし」を立証したようなもの。そして、このことは同時に、あのW杯4強の常連のフランスがジダンの去った後、凡将、ドメネク監督の、それこそ無能な采配に選手が造反、チームはばらばらになって自滅したことからも容易に理解できる。

つまり、並みの監督では16強はとても無理な仕事なのである。

それを何、「単に岡田監督は運に恵まれただけ」というの? それこそ運に恵まれていれば、「時の運のPK戦」は勝ててたはずじゃん。まさに矛盾する発言。

ほんと、上杉氏といい、日刊ゲンダイは偏向した目でしか物事が見えないから、国民目線からどんどん離れていくのでないのだろうか?・・。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。ご批判ご賛同、なんでもいいですからコメントもいただければ幸いです。♪

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

プロフィール

マッシーパパ

Author:マッシーパパ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。