マッシーパパの遠吠え

インターネット情報を丹念に読み取り、ニュースの裏に潜む真実を綴るあなたのためのブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高齢者不明問題で「日本人は落ちるところまで落ちた」と都知事が言ってる場合ですか? あなたにも責任があるのですよ!

「マッシーパパの遠吠え」はより多くの人に見てもらえるようランキング上位を目指しています。ぜひ、皆様の応援クリックをよろしくお願いします。♪



高齢者の不明が日を追うごとに増えている。まさに燎原の火の如しである。

そんな折も折り、石原知事が記者会見で、「みんな金のために自分の親を見捨てたり、死んだことも報告せず、弔いもしない。どういうつもりなんだ。日本人は落ちるところまで落ちた」と吐き捨てる。

いや、大阪の橋下知事までもが、「僕が小学生のころは警察官が自宅を訪問し、家庭事情を把握するカードを作っていた。個人情報保護などで行政のかかわりを忌避した結果、コミュニティーがかかわれなくなり、こんな問題や虐待が増えた」と評論家のような言いよう。

いいですか。石原知事どの。

同じ東京都の職員でも、杉並区の何某さんはミイラ化した遺体で見つかった足立区の111歳の男性を知り、自分の所管で113歳といわれた都内最高齢女性が住民登録先に住んでおらず、行方不明になっていることを見つけたのですよ。

要は高齢者の所在や安否を確認するのに、いろんなトラブルにも負けず、職責を全うするという意思に欠けるかどうかの違い。

それが証拠に、本気に調べれば、消えた高齢者が全国で続々判明・・。

確かに、「会いたくない」「他県にいる」といわれれば面倒になって、追求に腰が引けるかも知れない。あるいは、個人情報保護法に抵触すると恐れる人もでてくるだろう。

だったら、それは法の不備。できる範囲で条例を変えるか、あるいは知事会等で議論し、国の法律を変えることも十分可能であろう。

つまり、そんな仕事のイロハもろくに監督できなくて、「世も末」とのたまうようでは天につばする類(たぐい)。

それに、橋下知事もいい加減。

「警官の戸口調査」を懐かしがっているが、こんな世界に誇る「交番所制度」を衰退させたのは自公政権の「人からコンクリート」への政策転換のせい。

それを何、一度は警察官の数を減らそうと企んだ張本人じゃん。

そんなにいうのなら、なぜ、「自動車免許更新所」にごろごろいる警官を現場に回して問題解決しようとしないのか。

それこそ、児童虐待も消えた老人問題も一挙に解決。それでも、強制立ち入りが難しいというんなら、いくらでも良い方向に改正すればいい。

どだい、市民生活と逆行するような「個人情報保護」なら、それは誰が見ても悪法。悪法なら、速やかに改正するのも政治家の務めではないだろうか。

処で、ご多分に漏れず、わが地域(ニュータウン)も開発されて早、20年もたつと、独居老人、老老家庭が顕著に増えている。

当然、心配されるのは震災など、もしもの時に逃げ遅れるこの人たちのこと。つい先だっても、地域のふれあい協議会と市当局が共通の問題として話し合ったが、でてくるのはやっぱ、踏み込みすぎるとプライバシーの問題。

マッシーパパなど、ひょっとして、当局がむしろ「情報保護」を隠れ蓑にして、行政サービスを逃れているのでないかと、うがって考える次第。

やっぱ、地方行政の要である知事がこの問題に評論家であっては、なる話もならなくなるのでないだろうか・・。

ぜひ、両先生ともに先頭に立って、解決していただきたいものである。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。ご批判ご賛同、なんでもいいですからコメントもいただければ幸いです。♪


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

プロフィール

マッシーパパ

Author:マッシーパパ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。