マッシーパパの遠吠え

インターネット情報を丹念に読み取り、ニュースの裏に潜む真実を綴るあなたのためのブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

話し合いも決裂も、それが小沢一郎のケンカ流儀? でもズル賢さでは管直人も負けていません!?

「マッシーパパの遠吠え」はより多くの人に見てもらえるようランキング上位を目指しています。ぜひ、皆様の応援クリックをよろしくお願いします。♪



いや~、なんとも人騒がせなこの騒動、鳩山が豪腕小沢の恩義に応えようと、「出馬する」の「降りる」のと、伝書鳩よろしく、管に使い走りしただけの茶番劇だったようである。

と言われるほど、今回は、「時の氏神」を気取ってしゃしゃり出てきた宇宙人だけが目だって、肝心のチキンレースが霞んでしまったほどである。

とはいうものの、ご案内のように今回の代表選はともに政治生命をかけた生きるか死ぬかの戦い。いわんや、追い詰められた小沢に失敗は許されない。

しかも、「豪腕」の伝説は決して消せないし、数の上からも勝てる選挙。ただ、いかんせん、政治とカネの後遺症がいまだ癒えておらず、怖いのは圧倒的不人気の世論。

方や、管陣営はといえば、策士はいてもケンカベタの寄り合い所帯。唯一、この手のチキンレースに耐えられるのが煮ても焼いても食えない(?)管さん本人。

そこで、まず、チキンレースで仕掛けたのが小沢陣営。というより、例によって、大将動かず側近連中とバシリの伝書鳩。

「挙党一致」を代表選の御旗に、場合によっては党が割れると脅しをかけた(?)。それはとりもなおさず、管一派にとって、一番の急所で、たとえ代表選に勝っても、小沢グループが党を割れば、数の論理で野党に転落する。

ー確かに、管一派は、大連立を単独で仕掛けた経験のある小沢と異なり、、衆院過半数あっての内閣。そんな器用な手は打てないので、ここんところだけは”挙党”頼み。

そこで、小沢ー管会談決裂でも、(小沢の)言質は取ったと管が強調していた所以でもある。

次に伝書鳩が、小沢が降りる条件として管に要求したのは小沢の処遇。それも、一説によると管の両腕の仙石と枝野切りと言われている。

ー管にとって、これを飲むということは堀を生められた裸の城同然。そのお後は管に無条件降伏を迫ってくるのは必定で、ここは一歩も譲れぬところ。

だからこそ、側近の寺田学首相補佐官をマスコミに露出させては露骨にリークする戦法を採って、「密室談合」を回避する大儀を演出する。

それではと、今度は攻めどころを変えて、出てきたのは管政権とは異なる小沢の豪腕に期待する政策。

いわく、「衆院選マニュフェストを遵守するか修正か?」「普天間代替先の見直しか辺野古か?」「マニフェスト財源はあるのかないのか?」「脱官僚、政治主導を取り戻すか官僚依存か?」などなど、懸案の問題も小沢豪腕政権なら解決可能だとイメージに訴える。

ー確かに、「小沢」神話には未知の可能性を想起させるが、いくら豪腕の小沢だからといって、可能性の保証はない。

むしろ、政権を投げ出した鳩山首相のそばにいて、補佐すべき小沢幹事長は何もしていないし、「党と内閣は別」と逃げていた。

そんな彼が総理になったらできるというのは詭弁も詭弁。おまけに、ガソリン税の暫定税率廃止や高速道完全無料化のマニフェストをいち早く修正した張本人が小沢とあっては説得力にかける話でもある。

そして、せめぎあいはこれだけでは終わらない。

当然、生きるか死ぬかがエスカレートすれば、避けられないのが相手陣営のスキャンダル探し。

まず、「朝日」が探してきたのが仙石氏の政治資金を長男が代表を務める司法書士事務所のビルの家賃などに、320万円を支出している不祥事(http://www.asahi.com/special/minshu/TKY201008280297.html)。

一方、負けじと、「毎日」も「民主党の小沢一郎前幹事長が党代表だった06~08年、党本部から組織対策費名目で党財務委員長あてに計約22億円、又、09~10年も同様に計約13億7000万円の使途不明金があった」と発表(http://news.livedoor.com/topics/detail/4977861/)。

まさに、小沢のウィークポイントの政治とカネに迫ろうとしているのだ。

つまり、ことほど左様に、小沢と管は水と油。生い立ちも政治信条も相容れないばかりか、現在の立ち居地も真逆。

いうならば、管が「脱小沢」を鮮明にするから、数の力がなくても総理で収まるのである。

それが、たとえ政権維持のためとはいえ、密室談合で小沢の望む幹事長の党運営とカネを渡してしまえば、大儀はもとより、求心力をなくするのは必定。

又、同時に小沢も、出馬し、又、翻意したのがカネと地位のためとあっては、それこそ、ただの木偶の坊。一気に「豪腕神話」を霧消させてしまう。

となれば、もはや、雌雄を決するしか選択肢はない。その上、得意の形勢分析ではわが方優位とあれば突っ走るに限ると判断しても決しておかしくはないだろう。

ともあれ、結果は2週間後に出るわけだが、管一派はひたすら世論頼み。

マスコミが小沢批判を煽れば煽るほど、国会議員の先生方も地方票もサポーター票にも望みはなくもない。小泉の奇跡の再来は決して夢物語ではないからだ。

勿論、小沢陣営も、この日があることを予想して和戦両様、おさおさ怠りなく今も、票固めに余念のないことだろう。

ま~、何度も言うが、国民は小沢政権も管政権のどちらにも期待していませんって!

一寸前ならば、「鳩山政権はいやだけど、自民党政権ではもっといや」とまだ、民主の政権に淡い期待を残していたが、今はもう、「管内閣はいやだけど小沢総理はもっといや」と民主党離れそのものが進行しだしている。

となれば、この際、すっきりとガラガラポンで「脱小沢」と「脱自民」で再編成したほうが国民のためにもなるのでは・・。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。ご批判ご賛同、なんでもいいですからコメントもいただければ幸いです。♪


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

プロフィール

マッシーパパ

Author:マッシーパパ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。