マッシーパパの遠吠え

インターネット情報を丹念に読み取り、ニュースの裏に潜む真実を綴るあなたのためのブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

挙党一致は無理か? 「小沢系はキン肉マンみたいなやつらばかりだから、登用したくても人材がいない」んだって!?

「マッシーパパの遠吠え」はより多くの人に見てもらえるようランキング上位を目指しています。ぜひ、皆様の応援クリックをよろしくお願いします。♪




幹事長は中間派からと川端氏に打診すれば「このごたごたでは一寸・・」と断わられ、それではと岡田外相にお鉢を回すと、小沢を支持した議員からは「挙党一致態勢ではない」と反発される。

いの一番に決めるべき幹事長人事がこれだからお約束の挙党一致内閣はどうなることやら・・。

と思っていたら、案の定、「Entame Watch」が

「産経新聞の記者に対し、菅陣営幹部が『小沢系はキン肉マンみたいなやつらばかりだから、登用したくても人材がいない』と言ったことから、ネット上で、“キン肉マンみたいなやつ”というのは一体どういう意味か?ともっぱら憶測が飛び交っている」と記事にする。

どうやら、記者氏は「前出の記者にコメントした菅陣営幹部は、キン肉マンという作品を認識していたわけではなく、その名前の字面を安易に引っ張り出しただけ。単なる軽はずみな幹部の発言だだろう(http://news.livedoor.com/article/detail/5014312/)」とみているのだ。

又、当のキン肉マン作者・ゆでたまご嶋田隆司氏もツイッターで、「少し腹立つけど、出所も誰の発言かも分からない噂は無視するに限る」と応じていることからも”不規則発言”だったのは間違いないだろう・・。

が、とはいうものの、マッシーパパにはこの正体不明の幹部が何をいいたかったのか、わかるような気もする。

何となれば、マッシーパパも別のエントリーで、小沢内閣の予想メンバーを見て、「これで本当にいいんですか内閣」、さもなくば、「亡国内閣」だと、批判しているからだ。

しかも、当のネットのカキコのなかにも、

脳筋(のうきん:脳味噌まで筋肉で出来ている様。リスクを考えず猪突猛進な戦い方をしたりするもの)」と答えるものや、「体育会系のバカをオブラートに包んで言った言葉」というのがあるので、案外、(この某幹部も)意図を以って発言していたのかもしれない。

だからこそ、いざ、「挙党一致内閣」でと、勢い込んだものの小沢系のどこを見ても人材不足。管陣営にとって、正直頭の痛い問題だったのではなかろうか。

実際、マッシーパパも小沢系を改めて見直してみましたがホントに「玉」が悪い。

何しろ、小沢氏の側近中の側近、四天王と言われる一新会の幹部からして、何一つ国会議員として誇るべき成果が見あたらないのだ。

このことは「wikipedia」を見ればよくわかるが、書いてることはただ、樋高剛(44)が小沢の元秘書で岳父が平野幹夫。岡島一正(52)や佐藤公治(51)は二世議員だということのみ。中で、一番TVに露出していた松木謙公(51)でさえ、「政治資金の収入が民主党議員内ではトップ」が唯一の特記記事。

又、一度は大臣をやりたいと懇望する小沢の腰巾着・山岡賢次(67)にいたっては既報のように、法を悪用して名まえのロンダリングはやるは、

真岡市の福田市長への献金強制事件では、スクープされた「週刊新潮」を訴えながら、負けるとわかった途端、勝手に訴訟を取り下げて何もなかったかのように自分の犯罪をロンダリングする汚い輩。

い~や、このほかにも小沢系には、松本剛明(51)、細野豪志(39)、原口一博(51)など、ご存知、ゴマすり三人衆という、なんとも厄介な連中もいる。

ホント、いまさらに、こうしてみてみると、管陣営幹部ならずとも、「挙党一致内閣」を作るのは至難の業だと思いますよ!・・。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。ご批判ご賛同、なんでもいいですからコメントもいただければ幸いです。♪

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

プロフィール

マッシーパパ

Author:マッシーパパ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。