マッシーパパの遠吠え

インターネット情報を丹念に読み取り、ニュースの裏に潜む真実を綴るあなたのためのブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政倫審「出る、出る」詐欺の小沢一郎の首に鈴をつけるのが岡田幹事長ではちと無理!?

「マッシーパパの遠吠え」はより多くの人に見てもらえるようランキング上位を目指しています。ぜひ、皆様の応援クリックをよろしくお願いします。♪



国会内での鬼ごっこ遊びも終了(?)・・。

岡田幹事長が、「会いたい」と追っかければ、「会いたくない」と逃げられ、それでもやっとのことで捕まれば、一兵卒の「いっちゃん」は、「ノー」のつれない返事。

これでは、折角、小沢一郎の「首に縄つけてでも・・」、もとい、「幹事長として責任を持って努力する」と、野党の補正予算審議入り協力を取り付けたのに、幹事長の面子も信用も丸つぶれ。

それにしても不思議な党だこと。

幹事長が一兵卒にあってもらえないのに、その一兵卒はネットの生放送(「ニコニコ動画」)には喜んで出演、

司法の手続きに入っている。三権分立の立場から言えば、司法で取り上げているものを立法府がいろいろと議論するのは、基本的にはあまり妥当でないし、必要でもないのではないかと思っている」と国会招致を堂々と否定。

おまけに、「(国会の政治倫理審査会は)基本的に秘密会、(公開の場である)公判廷できちっと説明したい」と、得意のご都合主義の言い訳に興じる。

しかも、いうことに事欠いて、「ニコニコ動画は非常に多くの人にオープンで、(多くの人が)意見を言えるし、それに対して僕も反論できる。その意味では、多くの方に分かってもらえるからいいのではないかと思って、今回も出演の要請を快く受けた」と国会軽視発言までする始末・・。

一方、(一兵卒に)コケにされた岡田御仁はというと、自らのブログに、「小沢氏との会談は一歩前進、粘り強くしっかりと議論したい」と暢気節・・。

皆さん、覚えています? 9月の代表選に立候補したときの小沢氏のTV出まくり。それもシンパのいる局を選んで言いたい放題したことを・・。

実は今回の生放送のニコニコ動画もその類。

だが、それすら、彼の強弁がとんでもないウソだとわかったのです。

それはね、「2ch」ニュー速VIPブログ(http://blog.livedoor.jp/insidears/)に、

「オープンで自由に意見を言える」はずのカキコのコメントが、言論統制で大半が「NG」にされ、「小沢の反論」も口先だけだったといういい加減さ。

実際、NGされたカキコのコメントには、国民の誰もが知りたい、

「周氏の要請で強制した天皇謁見の意図」「日本人より韓国人のほうが優秀といった意味」「外国人参政権を急ぐ理由」等々、ごく当たり前の質問が含まれていたそうです。

ま~、案外、この辺に政倫審に出たくない本当の理由が潜んでいるのかも(?)。

つまり、彼は本当のところ気の小さいただの男。周りに自分を守ってくれものがいないのでは、豪腕の虚像が崩壊してしまうから怖いのでしょう・・。

閑話休題、処で、国会招致だが、いくら、野党が管内閣を炊きつけようが、党の要人が頭を下げて頼もうが彼にはもう、差し迫った「出る」理由がなくなったのです。それで、鬼ごっこのように逃げ回っていたのです。

いいですか、彼が出てもいいと言ったのは、検察の手が伸びる前か、或いは検察審の表決が出る前。

それも、検察や検察審の心証をよくしようと、「逃げも隠れもしない。国会が出ろというならいつでも出てもいい」とコメントしただけ(本気でいったかどうかは定かでない)。

だからこそ、検察捜査(3回)が完全に終了した段階、或いは検察審の結果がでた途端に態度が変わっているのです。すなわち、

第五検察審の1回目の「起訴相当」が出た時(10.4.27)日には、

「昨年3月から1年に渡って検察当局の捜査の対象になったが、不正はなかった。その結果が不起訴になったので国民も理解してもらえる」と言って、幹事長辞任を拒否している。

第一検察審の「不起訴不当」決議(10.7.15)には雲隠れ。

このときのエピソードは前原氏の、「小沢氏は政倫審で説明すべき」発言で、その理由として、「(小沢氏は)通常国会の時には自ら『衆院政治倫理審査会に出て説明しても構わない』とおっしゃっていたと述べている。

第五検察審の「起訴決議」が出たとき(10.10.4)にはご案内のように、

「私は、これまで検察庁に対して、私の知る限りのことはすべてお話をし、二度にわたり不起訴処分となっており、今後は裁判の場で私が無実であることが必ず明らかになるものと確信しております」と言い訳。

又、国会での証人喚問や政治倫理審査会への対応を聞かれて、

「国会の決定にいつでも従う。ただ、検察審査会で<法廷で事実関係を改めて明らかにしろ>ということになり司法の場に移っている。その場できちんと事実関係を明らかにし、何の不正も問題もないという結論が出るように全力を尽くしたい」と、むしろ、出るのを拒んでいる。

要するに、検察の捜査段階では「逃げも隠れもしない」を強調し、無事捜査を終えれば、今度は法廷の場の決着を主張する。

又、検察審で表決近くになれば決まって、「政倫審に出る用意がある」と神妙を装う。

が、これも、起訴決定するや、一転、「司法の場に移ったから」と拒否。国会無視の理由としては、「三権分立」の御旗を持ち出す。

早い話、国会に出る気がないから、なんのかの理屈をつけて言い逃れているだけ。

何しろ、ザル法である政治資金規正法の抜け道に通じた男だけに、単に記載不備というだけの形式犯で争うほうがくみしやすいと思っているのでしょう。

それが、万一にも国会招致されれば、ニコニコ動画のようにやさしい聞き手など皆無、彼の政敵は数知れず、それも、男を上げようと執念でぶつかってこられるので、自称、「口下手」にとって荷が重過ぎる。

つまり、ここは恫喝に弱い(?)管内閣と党本部をコケにするに限ると確信犯を決め込んだという次第。

何しろ、一兵卒に降格したといえ、手負いのしし。追い詰めれば何をするかわからないので、管内閣と岡田幹事長も問題を先送りするしか方途はないのだ。

いや、願わくば野党にもっと追い詰めてもらって、離党せざるを得ないようになればいいと思っているのが本音では。

やっぱ、この内閣、外交どころか党内問題でも恫喝に弱いようである。えっ、まさか、これも「柳腰」でしぶとく対応しているって・・。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。ご批判ご賛同、なんでもいいですからコメントもいただければ幸いです。♪


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

プロフィール

マッシーパパ

Author:マッシーパパ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。