マッシーパパの遠吠え

インターネット情報を丹念に読み取り、ニュースの裏に潜む真実を綴るあなたのためのブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政倫審「出ろ、出ない」の内輪もめ、もううんざりなんですが、それでも争わねばならない理由とは!?

「マッシーパパの遠吠え」はより多くの人に見てもらえるようランキング上位を目指しています。ぜひ、皆様の応援クリックをよろしくお願いします。♪




小沢氏の国会招致問題がまたぞろ蒸し返されてきた。それも臨時国会の閉会した今、なぜ? 

不思議なのは、「党議にかけてでも出てもらう」と、いやに強気の反小沢派。方や、「仲間を売る仕儀」と何が何でも阻止しようとする親小沢派。完全に国民不在の党内権力闘争と化しているのである。

だからか、「日刊ゲンダイ」も「これは反小沢派の挑発、下手に騒げば、菅の術中にはまり、小沢嫌いの大マスコミのエジキになるだけ」と『小沢側近たちは騒ぐな!(http://gendai.net/articles/view/syakai/127945)』と警告しているのである。

それにしてもゲンダイはよくよくの小沢びいき。痒いところに届くほどの気の配りようには感服するが、言っていることはなんともお粗末。

相変わらず、「マスコミの洗脳で小沢は”クロ”のイメージを持ってしまった世論に、どんな正論をぶつけても無駄」とか、

全共闘世代の菅や仙谷は、内ゲバに活路を見いだしている。外に向かって訴える能力がないから、仲間内で殺し合うことにエネルギーを費やすから、付き合っていたらバカをみるだけ」と何にもわかっちゃいない。

国民は、(小沢が)国会で十分な説明をせずに逃げ回っているからクロのイメージを募らせているのだし、(小沢が)逃げ回るのもマッシーパパが『政倫審「出る、出る」詐欺の小沢一郎の首に鈴をつけるのが岡田幹事長ではちと無理!?』で書いたとおりの理由から。

又、いくら全共闘世代の菅や仙谷とはいえ、党内抗争にうつつを抜かしていては、イメージが上がるわけがない。

では、なぜ、そんなことがわかっていて、政争好きの小沢にケンカを売ったのかである。
その答えは唯一つ、下げ止まらない内閣支持率で、もはや、政権維持が困難なのは明らか。大連立を含めた他党との連立以外に打つ手がないからである。

そのためには、自民であれ公明党であれ、「小沢抜き」が絶対条件。それでも、ジリ貧の支持率では両党とも、おいそれ乗ってくるはずがない。

そこで、参院選で大敗したものの、9月の改造内閣発足直後には64.4%に戻した「小沢抜き」に、起死回生の、というより、これしか仙管内閣には手がないのである。

だからといって、小沢氏の「除名」又は「離党勧告」を党内決議するのは先日のばかげた幹事長一任騒ぎで明らかなように夢の又、夢。

そこで狙うのが、小沢が逃げれば逃げるほど、管の正義が演出されて、国民にもマスコミにも点数が稼げるという段取りである。

又、「瓢箪から駒」で万に一にも小沢派が離党することがあってもせいぜい50-60人、なれば、現有の衆院300人からまるっぽ減っても、過半数の240人はクリアできるという算段。

一方、売られた喧嘩は買うのが小沢親分の信条。「政倫審に出ない」のは規定路線であるし、今回は言い出したのが野党でもなんでもなく、与党の反小沢派。

下手に誘われて、国会に出ようものなら、「政倫審では不十分」と、「証人喚問」の要求がエスカレートするのは必定。

しかも、政倫審なら「出る、出ない」は本人の勝手だが、証人喚問となれば拒否もできず、得意の「嘘」がつけなくなる。ここは当然、君子危うきに近づかずにしくはない。

但し、今度は仕掛けられているので、手をこまねいていれば、「形勢」は不利になるだけ。下手すれば、今、「強い小沢のイメージ」で、なんとか繋ぎ止めている狂信的な小沢ファンにまで逃げられないとも限らない。

そこで、打つ手は両院議員総会の開催。地方選の前哨戦である茨城県議選の惨敗や仙石官房長官の問責決議を逆追求し、小沢問題と痛み沸けする戦術。

そのためには代表選で小沢を支持してくれた国会議員200人の取り込み。少なくとも開催に必用な党所属国会議員3分の1以上の135人は必要である。

だからこそ、小沢にはまだまだ、多くの支持者がいると、パフォーマンスする必用があるのでゲンダイとま逆、マスコミで目立たないと、小沢ファンにも二股かけている膏薬議員にもアピールできないのである。

ただ、笑ってしまうのは今日も今日とて、小沢邸に手弁当(スーパーで買ってきた弁当)で詰め掛けた小沢チルドレン、そして、「いつでも来る人は自由です」と歓迎する親分。

なのに、党のトップの幹事長は家に来ることも電話も通じない。「出る、出ない」の連絡は、またもや、自らが主宰する政治フォーラムの講演会での発言。

いや、これでは、いくら取り巻きがパフォーマンスに汗を流しても永遠に「クロ」のイメージは払拭できません。

それにしても、小沢チルドレンって、底抜けのバカですよね。こうして、不毛の抗争を続けていれば、どんどん、民主のイメージも下がり、その一番の被害をうけるのが自分たちだということがわかっちゃいない。

あの小泉チルドレンがいい例で、学習していないのですかね。ま、そんなレベルだから落ちても当然といえるのかも・・。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。ご批判ご賛同、なんでもいいですからコメントもいただければ幸いです。♪



スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

プロフィール

マッシーパパ

Author:マッシーパパ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。