マッシーパパの遠吠え

インターネット情報を丹念に読み取り、ニュースの裏に潜む真実を綴るあなたのためのブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「機密費」とは名ばかり、使途が国民にばれるとまずいから隠すだけです!

「マッシーパパの遠吠え」はより多くの人に見てもらえるようランキング上位を目指しています。ぜひ、皆様の応援クリックをよろしくお願いします。♪



20日、平野官房長官が過去の官房機密費を公表した際に、先の衆院選直後の9月1日に麻生政権が2億5000万円引き出していたことが判明。官房機密費のあり方が改めて問われている。

尚、これに対しては当の河村前官房長官は「私の判断だが、今は政権内におらず、答える立場にない」とコメントを避けたという。

まさに、語るに落ちるとはこういうことだが、興味深いのは河村氏の「答える立場にある」という現官房長官のコメント。

「その時々に必要だと思って支出したのだろうから、憶測を呼ぶ類推をするつもりはない」と述べ、使途は追及しない構えだとか。

そして又、鳩山首相も「政権交代が起きる時はこういうものではないか。あまり旧政権のことをとやかく言うつもりはない」と大人の対応ぶり(?)。

ま~、民主としては、「機密費の透明化に逆行の動き」と批判が強まる中で、渋々公表をしたのが、却って火種を作ってしまった。そこで、今度は火消しに躍起というところでは・・。

それにしても、大枚2億5千万円が一夜にして消えたのだから、大人の対応でもなかろう。

むしろ、白黒つけるのが行政の務めでは。それに、目下、事業仕分けで、ちまちましたものまでカットしているのに、「行きがけの駄賃」のように掻っさらわれた金をスルーしては果たして公平性が保てますかね・・。

というより、「官房機密費」そのものを事業仕分けの俎上にのせるべきでは・・。そして、この際ですから、機密費と名のつくものすべて、とりわけ、外交機密費や防衛機密費も仕分けてほしいものです。

ご承知の様に、外交機密費は01年に、松尾何がしとかいう不埒な男が外国訪問支援室長在任中、46回の首相外遊を担当。9億8800万円にのぼる官房機密費を受領していた。このうち約7億円を詐取。そこから競走馬14頭、ゴルフ会員権、高級マンション、女性への現金に浪費していたのだ(wikipedia)。

勿論(?)、事件は個人の犯罪で結末(業務上横領罪で懲役7年6カ月の実刑判決)したが、当時も、外務省の外交機密費(55億7000万円)のうちから、内閣府に20億円が上納されていたのではという疑惑が浮上していた。

だからこそ、福山哲郎副大臣もその時の疑惑の解明をしたいと意欲を燃やしているのだが、ぜひ、そう願いたいものだ。

処で、旧政権も現政権も機密費の問題になると口をそろえて、相手に迷惑のかかるものであるから原則公開しないという。果たしてそうだろうか。マッシーパパなど、いまだかって、秘密にしておきたいという具体例を聞いたためしがない。

むしろ、うわさに出てくるのは、与野党を含め議員が外遊するときのお小遣いだとか、パー券。はたまた、ひどい例では野党議員との麻雀接待で負けた分の補填もあったやに聞く。

あるいは、マスコミ対策、なかんずく、政治記者や政治評論家の口封じに飲ませたり、金一封を包んだというのもあった。

どうせ、ほとんどがこの類だから、公表するとまずいのは間違いない。それに、当然、民主の先生方もさもしく、このおこぼれに預かっていたのであろうから、暴露しようにもしようがないということだろう。

尚、このことは「日本戦略研究所」のブログがいみじくも、「欧米では税金の使途は全部、国民や議員に明らかにされている。税金の使い道がはっきりせず、国民や議会からも伏せられている国は先進国では日本しかないのだ」とか、欧米諸国の例を見ても分かるとおり、機密費やODAを厳しくチェックしているのはその国の外務省ではなく、議会だ」と外国の例を紹介。外務省であれ、内閣であれ、聖域はない、と説いている(http://kaz1910032.hp.infoseek.co.jp/oda140726.html)。

つまり、「情報源が分かると困る」というのは方便、本当は「相手先がばれる」と困るからであろう。ハイ、間違いありませんって!・・。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。ご批判ご賛同、なんでもいいですからコメントもいただければ幸いです。♪


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

プロフィール

マッシーパパ

Author:マッシーパパ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。